20年ぶりに再会した父娘 桜木優希音

新婚の妻・優希音は、夫には内緒で実父とハシタナイ行為に及んでいる。優希音は幼少期に父親と生き別れになり、月日が流れ二人は再会した。父親は優希音に対して性的感情を抱き、幼児に仕立てて可愛がるという歪んだ表現で愛情を注ぎ、一方、父親の愛情に飢えていた優希音は不足した部分を補填するかのように父親の狂気も喜んで受け入れる。歪な親子の触れ合いは、旦那が出勤して帰宅するまでの間、ずっと繰り広げられるのだった。

(3554)